2018年6月21日木曜日

広島経済大学と「若者向けみそ」を共同開発します。

みその出荷量は全国的に減少傾向ですが、この傾向の一因には若者がみそを飲まなくなってきていることも関係していると思われます。しかし一方では、和食の健康志向の高まりや、世界的な広がりも見られるようになってきています。
こうした中で、新庄みそでは、今年の1月より広島経済大学の学生さんと一緒に、「ビジネスの視点から提案する新しい食育活動と若年層へのみその消費拡大」というテーマのもとに、アンケートやスーパー訪問などの活動を行い、新商品の開発の準備をすすめてきました。
そして、6月20日の第1回目のデザイン会議の前に、あらためて大学と包括連携協定を結び、共同開発を行っていくことを発表致しました。



締結された協定書を発表する広島経済大学小谷学長と新庄みそ社長の山本です。


 
発表の場には、たくさんの報道の方にもお越しいただきました。
 
 
共同開発した新商品は、2019年2月の発売をめざしています。
 
新庄みそホームページはこちら↓
http://www.shinjyo-miso.co.jp/

2018年5月28日月曜日

新商品「梅もろみ冷や汁」発売のお知らせ。

 

【梅もろみ冷や汁 2人前】

いよいよ九州・四国地方は梅雨に入りました。これからだんだんと蒸し暑くなっていきます。新庄みそでは、食欲の落ちる夏場にさっぱりと食べられる一品として、新商品「梅もろみ冷や汁」を発売致しました。
国産の大麦を使用したもろみに、梅肉としその風味を効かせた「冷や汁の素」となす・しそ・ごまの乾燥野菜の具材が入った、お手軽な冷や汁セットです。
しっかり効いた梅風味、お水でといて、ほかほかご飯にかけるだけ!

新庄みそのホームページはこちら↓
http://www.shinjyo-miso.co.jp/

2018年4月16日月曜日

「広島県食品自主衛生管理認証制度」の認証を取得しました。

 
この度、新庄みそでは広島県が管理する「広島県食品自主衛生管理認証制度」の認証を取得し、認証施設となることができました。

この認証制度は、HACCP(ハサップ)の考え方に基づく一定水準以上の食品衛生管理を行っている施設が、広島県より認証を受けるものです。
 工場内では、清掃を定期的に行い清潔を保ち、マニュアルに基づく管理された製造工程により、より安心・安全な商品をお届けできるよう設備を整えております。

これからも慢心することなく、食の安心・安全の推進と、おいしさの研究に取り組んでまいります。
引き続き「新庄みそ」をご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

新庄みそホームページはこちら
http://www.shinjyo-miso.co.jp/index.html

2018年3月12日月曜日

2018年春の新商品のお知らせ。

新庄みそでは、2018年春の新商品として、「発酵きなこ」入りの即席みそ汁、豆乳ポタージュを発売しました。
「発酵きなこ」とは大豆を麹菌で発酵させた“きなこ風”発酵食品のことです。きなこのような風味が特徴です。この発酵きなこには、「免疫バランスを整え、花粉症やアトピーなどのアレルギーに負けない体づくりを支援する」といった働きがあることがみとめられています。


【発酵きなこおみそ汁】
 
大豆を麹菌で発酵させた「発酵きなこ」を配合した「即席みそ汁」です。みそは鰹と昆布に牡蠣エキスを加えた米みそを使用、溶けやすい粒状タイプです。具は豆腐とわかめで、みそと大豆の風味豊かなみそ汁がお手軽に味わえます。
 

【発酵きなこ豆乳ポタージュ】
 
大豆を麹菌で発酵させた「発酵きなこ」を配合した「即席スープ」です。鰹と昆布に牡蠣エキスを加えた米みそのベースに豆乳をブレンドした、溶けやすい粒状タイプです。具はコーンとクルトンで、みそと大豆の風味豊かなスープがお手軽に味わえます。

新庄みそホームページはこちら↓
http://www.shinjyo-miso.co.jp/

2018年1月26日金曜日

広島県産レモン果汁を使用した甘酒を発売しました。

「レモン甘酒160g」
 
お米と米こうじから作ったこうじ甘酒に広島県産レモンの果汁を加え、さわやかな香りと酸味をプラスしました。砂糖は不使用でノンアルコール、濃縮タイプの2人前です。保存にも便利なキャップ付きで、お好みの分量で味の調節ができます。
 
2月から広島県内を中心に順次発売を始めます。一部広島市内の百貨店では発売中。
 
新庄みそホームページはこちら



2018年1月22日月曜日

「みその文化祭」が開催されます。


来る3月3日(土)、広島YMCA国際文化センターにて「みその文化祭」と題したイベントが開かれます。
イベントの内容は、手作りの丸玉の即席みそ汁をつくる「みそ玉」や、みそ汁以外のみそを使ったアイデアレシピなどのコンテストなどの他に、
・みそ玉テーブルコーディネート
・「利きみそ」にチャレンジ
・茶節(鹿児島の郷土食。かつお節も削ります)
・みそ玉作り   など。
(一部参加費(200円)がかかります)
この他、みその知識を深める展示など、内容はもりだくさんです。
どなたでも気軽にご参加いただけます。お子様の参加もOKです。

お問い合わせは
広島県味噌協同組合事務局 082-247-2361

みそ玉コンテスト応募用紙は、新庄みそでもお渡ししています。
お問い合わせ先 082-237-2101ホームページはこちら http://www.shinjyo-miso.co.jp/